2015年12月31日

有責配偶者が慰謝料を支払った場合

有責配偶者、又はその相手が一定の慰謝料を支払った場合

不貞を働いた配偶者とその不貞の相手は共同不法行為者であり、それぞれの損害賠償責務は不真正連帯債務の関係になります。
有責配偶者かその不貞の相手の一方が一定の金額を支払った場合には損害賠償債務が消滅し、他方への慰謝料請求は認められません。

離婚相談、離婚の為に浮気・不倫調査のご相談は、お気ガルに。
浮気調査・不倫調査・離婚問題は、名古屋の探偵社「ガルエージェンシー愛知」にご相談下さい。

探偵はガル愛知!
愛知県名古屋市の浮気調査・探偵はガル愛知

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

未成年の子供の慰謝料請求

未成年の子供の慰謝料請求

親子の亀裂には不貞の相手は直接的な関係はないとして、未成年の子供は特別な事情がない限り、不貞の相手に対する慰謝料請求は認めていません。

離婚相談、離婚の為に浮気・不倫調査のご相談は、お気ガルに。
浮気調査・不倫調査・離婚問題は、名古屋の探偵社「ガルエージェンシー愛知」にご相談下さい。

探偵はガル愛知!
愛知県名古屋市の浮気調査・探偵はガル愛知

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 00:43| 愛知 ☀| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

慰謝料請求/必要となる証拠

慰謝料請求/必要となる証拠

証拠として有責配偶者とその相手の性的行為が確認できるもの、不法行為(浮気の相手が共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を害した)である、婚姻関係が破綻していない時点での行為である、という事が必要となってきます。

離婚相談、離婚の為に浮気・不倫調査のご相談は、お気ガルに。
浮気調査・不倫調査・離婚問題は、名古屋の探偵社「ガルエージェンシー愛知」にご相談下さい。

探偵はガル愛知!
愛知県名古屋市の浮気調査・探偵はガル愛知

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 14:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする