2016年11月05日

仕事と思われるメールは侮れない

仕事と思われるメールは侮れない!(浮気調査の例)

Kさん(仮名)のご主人は46歳。業務連絡に携帯メールを使う会社員。
帰宅後も電話の着信がたびたびあり、相手は久美さんも知っている会社の同僚だという。

「メルアドを見ると確かに同僚の男性の名前。内容を見せてもらった所《会議》とか《営業部》といった言葉が使われていたんです」。

ところがそれが落とし穴。ご主人は浮気相手である会社の部下に同僚の名前を語らせ、メールのやりとりをしていたのである。しかも二人は《会議=食事》、《営業部=彼女の部屋》など他人にはわからない暗号をつくり、密会の約束を取り合っていたのだ。

「仕事のメールと思っていたら、こんなことだったなんて・・・」。

男性同士は女性同士ほどメールのやりとりをしないもの。久美さんはそんなご主人に愛想を尽かし、子供達との新しい人生を考えている。


浮気調査、不倫、離婚、結婚、信用調査、人探し、家出人捜索、行方調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 14:28| 愛知 ☁| Comment(0) | 浮気調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする