2018年03月20日

法定離婚原因とは

法定離婚原因とは

協議離婚の場合は、お互いが合意して離婚届けを出せば良いです。離婚の原因は何でも構いません。

しかし、夫婦の一方が離婚を拒否して、調停でも離婚が合意されなかった場合には、裁判にて離婚請求を求める事になります。

裁判で離婚を認められるには「法定離婚原因」に該当している事が必要となります。
民法(第770条1項)では離婚が可能な理由として、4つの具体的な原因と、1つの抽象的な原因を法定離婚原因としています。これに該当する理由とその証拠が無いと裁判での離婚は認められません。

パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする