2018年06月11日

慰謝料が請求できる場合

慰謝料が請求できる場合

離婚の際の慰謝料については、大きく次の2つに分類されます。

(1)浮気や暴力など離婚に至った原因行為から生じる精神的な苦痛に対するもの
(2)離婚をする事それ自体(=配偶者の地位を失うこと)から生ずる精神的苦痛に対するもの

裁判上、(1)に基づく慰謝料が認められる典型例は、、次のような場合です。なお、あくまでも典型例ですので、慰謝料が認められる場合はこれらに限らず、個別具体的な事情によって異なります。

・浮気・不倫(不貞行為)
・暴力,悪意の遺棄
・婚姻生活の維持への不協力
・性交渉の不存在

なお、夫婦関係の破綻による離婚のケースにおいて、主に自分の側に原因がある場合には、逆に慰謝料を請求されてしまう可能性があります。反対に、相手側の浮気(不貞行為)が原因で離婚に至るような場合には、浮気相手(不貞相手)に対して慰謝料を請求できる事になります。

その他、不貞行為前に夫婦関係がすでに破綻していた場合や、不貞相手が婚姻している事実を知らなかった場合には、慰謝料が認められないケースもありますので覚えておきましょう。



パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする