2018年07月25日

婚姻費用分担請求が認められない場合はあるのか?

『婚姻費用分担請求』が認められない場合もあるの?

婚姻費用分担請求の場合の「婚姻費用」は、おもに片方の配偶者(一般的には、妻である事が多いです)の生活費と、子供の養育費とに分類されます。

子供の養育費については、子供自身または子供を養育している片方の配偶者が、別居中に請求できるものです。養育費の負担は、「子供に対する義務」として考えられている事から、別居に至る事情や婚姻関係が破たんした理由を問わず、子供を養育している限り、認められるものになります。

しかし、片方の配偶者の生活費については、別居に至る事情が問題となるケースもあります。具体的には、婚姻関係が破たん・別居に至った原因が、主に婚姻費用を請求する側にある様な場合には、「権利の濫用」として、その一部、または全部が認められない場合があるので注意が必要です。



パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする