2018年10月04日

子供の戸籍について

子供の氏と戸籍

(2)子供の戸籍について

子供の戸籍については、何らかの手続をしなければ従前のままであり、自動的に親権者である親の戸籍に移動する事はありません。また、子供と親の氏が異なる場合、子供は親の戸籍に入る事が出来ません。

その為、婚姻により氏を改めた者が子供の親権者になった場合には、子供に自分と同じ氏を名乗らせない限り、自分と同じ戸籍に入れる事は出来ないのです。この場合、子供は従前の戸籍に入ったままとなります。

よって、婚姻によって氏を改めた親が親権者となり、子供を自分の戸籍に入れたい場合には、家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可(民法791条)」を申し立てて、子供の氏を自分の氏と同じにする必要があります。

なお、親が婚姻前の戸籍に復籍した場合で、親がその戸籍の筆頭者ではない場合には、子供がその氏を変更しても、その戸籍に入れるわけではありません。この場合は、子供の親を筆頭者とする新しい戸籍がつくられる事になります。

戸籍は夫婦および夫婦と氏を同じにする子供ごとにつくられる(戸籍法6条)事になっている為、親が復籍した戸籍の筆頭者がその親の両親(子供にとっては祖父・祖母)であると、親、子ども、孫の三世代の戸籍になってしまい、戸籍法に反する事態になってしまうからです。


パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする