2018年05月14日

財産分与/マイナスの財産(債務)について

マイナスの財産(債務)について

たとえば、夫がパチンコの為に借り入れた多額の借金は、産分与の対象になるのでしょうか。

借金などの債務については、婦の共同生活を営むために生じた借金であれば、婦共同の債務として財産分与において考慮されるべき事なります。しかし、もっぱら自分の為に借り入れた個人的な借金は、財産分与において考慮されないと考えられています。その為、パチンコの為に借入をした借金は、財産分与においては考慮する必要はないとの結論になります。

実務上では、夫婦の共有財産(プラスの財産)と夫婦の共同生活を営む為に生じた債務(マイナスの財産)がある場合には、プラスがマイナスを上回るという場合に、その合計のプラスの財産からマイナスの財産を差し引いた残額を分配するという処理がされるのが一般的です。


パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 07:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: