2019年04月01日

夫が知り合いのローンの保証人になっていた

「自営業の夫が、知り合いの工務店の社長に頼まれて、ローンの連帯保証人になっている事が分かりました。私が経理を手伝っているので発覚し、探偵さんに頼んで調べて貰い分かりました。その調査報告で、工務店の社長はローンを組んだ車屋さんと共謀して、実際には車は納車されておらず、会社の運転資金としてお金だけを受け取っていたようです。これに関して夫は知らなかった様です。この場合どうしたら良いのでしょうか?」

会社のお金の流れがおかしい事に気付いた奥さんからの依頼で、私達ガル探偵が調査した結果、架空売買及び連帯保証人となっていた事が発覚したケースです。この様な場合の対応方法などを、弁護士に確認しました。

『架空ローンの保証人』について弁護士に聞いてみました。

「過去の判例を元に、このケースについて考えると分かりやすいかも知れません。

判例 平成11年(受)第602号平成14年07月11日第一小法廷判決
民法95条では【意思表示は、法律行為の要素に錯誤があった時は、無効とする。】とあります。分かりやすく言うと、思っている事と表示した事が食い違いがあり、それに本人が気づいていない事を錯誤と言いますが、架空売買である事を知らずに連帯保証人になった訳ですから、錯誤と判断され保証人の責任を追求されない可能性はありますが、念のため連帯保証人を変更出来るかどうかの確認はすべきです。ただし変更はローン会社の合意が前提ですし、一般的には変更を認めない事が多いのでご注意ください。

また、架空ローンの連帯保証人になっている場合、ローン会社に対する詐欺行為の共同正犯にもなり得ますので、弁護士などの専門家に早急に相談する事をお勧めします。」

家族で経営している会社の場合、発見しても見て見ぬふりをするケースが多く見受けられますが、更に大きな問題に発展する危険があります。探偵による調査・弁護士によるアドバイスをお勧めします。

詐欺などの特殊調査は、名古屋の探偵社ガルエージェンシー愛知にお任せください!


愛知県名古屋市の探偵社・興信所 ガルエージェンシー愛知

パートナーの「浮気」「不倫」によって、離婚をお考えの方は、探偵社・興信所『ガルエージェンシー愛知』にご相談下さい。

探偵、浮気調査、不倫、人探し、家出人捜索、行方調査、離婚、結婚、信用調査、盗聴器・盗撮器の発見調査のご相談は、お気ガルに。
愛知県名古屋市東区,中区,中村区,中川区,千種区,天白区,名東区,緑区,熱田区,昭和区,瑞穂区,守山区,西区,北区,南区,港区の探偵・浮気調査・離婚相談はガル愛知!

名古屋の探偵社 ガルエージェンシー愛知
愛知県名古屋市東区代官町34-12 JBビル3階

面談での調査相談・見積りは無料お気軽に相談してください。
0120−503−666 または
052−937−8130 (お気ガルに)
posted by 名古屋の探偵ガル愛知 at 23:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: